2009年09月04日

9月度 拝読御書

四菩薩造立抄

【本文】

 総じて日蓮が弟子と云つて法華経を修行せん人人は日蓮が如くにし候へ、さだにも候はば釈迦多宝十方の分身十羅刹も御守り候べし
(御書P989)


【通解】

 総じて日蓮の弟子と言って、法華経を修行する人々は、日蓮のようにしなさい。そうするならば、釈迦仏、多宝仏、十方分身の諸仏、十羅刹女も必ず守護されるであろう。


【背景と大意】

 本抄は弘安2年(1279年)5月、日蓮大聖人が身延から下総(千葉県北部一帯)の門下の中心である富木常忍に送られたお手紙です。
 前半は、地涌の菩薩の上首である四菩薩(上行、無辺行、淨行、安立行)の像が造立されたのはいつか、という質問に対する答えです。
 大聖人は、末法の一切衆生を救うための本尊を、法華経の虚空会に基づいて図顕されます。虚空会とは、南無妙法蓮華経を象徴する宝塔を中心に虚空で行われた説法のことです。久遠の師匠である釈尊は、久遠の弟子である地涌の菩薩を、この虚空会に呼び出し、滅後末法の妙法流布を託します。大聖人は、虚空会で明らかにされた、妙法を根本とする久遠の師弟を本尊に図顕され、法華弘通の旗印とされたのです。
 本抄では、こうした本尊の深義を理解される一段階として、末法の今こそ、地涌の四菩薩を脇士とする本門の教主釈尊が造立される時であると教えられています。当時としては、これだけでも、仏教史上、前代未聞の法門だったのです。さらに、大聖人は、こうした本尊を顕す御自身こそ上行菩薩の再誕であり、仏法の次元から見れば「一閻浮提第一の富める者」であると仰せになります。
 後半では、迹門無得道という己義を唱える一部の門下を戒められ、大聖人の弟子であるならば「日蓮が如く」修行していかねばならないと、師弟不二の信心を教えられます。



仏法の根本は師弟

 偉大な師匠を求め抜いてこそ、自身の偉大な可能性も開かれてきます。
 本抄御執筆の当時、富木常忍の近くに、法華経の法門について、師匠である日蓮大聖人とは異なる、自分勝手な考えに陥った弟子達がいました。このことを深く心配された大聖人は、本抄を送り、日ごろ自らが富木常忍に懇切丁寧に言い含めているように、富木常忍が人々を教え諭していくように指示されます。
 そのうえで、弟子の信心の根本姿勢について、大聖人の弟子と言って法華経を修行する人々は、大聖人の如くしていきなさいと指導されます。
 人間は、自分一人では、なかなか自分の壁を破ることはできません。気づかないうちに、いつの間にか、慢心や自己不信、また臆病や惰性に陥り、自ら成長の可能性を閉ざしてしまいます。
 しかし、師匠を求めぬく人生に行き詰まりはありません。広宣流布の師匠は、あらゆる人々が不幸を乗り越え幸福を勝ち取れるよう、闘争を続けています。その師匠と一念を連動させていけば、自身の壁を打ち破って、思ってもみなかったような大境涯を開いていけるのです。
 本抄では、続けて「そうあってこそ、釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏・諸天善神も加護するに違いない」と仰せです。諸仏諸天の加護といっても、要は、自身を取り巻く一切を、勝利へ勝利へと生かしていく偉大な生命力にほかなりません。
 この勝利の力を開く師弟不二の大道を現代に蘇らせたのが、創価学会の三代の会長です。
 池田名誉会長は語っています。
 「仏法の根本は師弟である。師匠に心を合わせる。師弟の熱き魂を叫び抜いていく。そうすれば、もっともっと力を発揮できる。変わっていける。すべて『心』で決まるのだ。気取った、増上慢の一念ではだめだ。師匠に対して、『きょうも、新しい勝利の道を開きました!』と毎日、報告するような気持ちで戦うことだ」
 さあ、創立80周年を目指し、「青年・勝利の年」の後半戦も、自身のフロンティアに勇敢に挑戦していきましょう。



2009-9 大百蓮華 No716
posted by 元 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 座談会御書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

9.1 牙城会の日


 牙城会
 ありて本部の
 大城は
  皆が朗らか
 皆が楽しく

 牙城会
  君達ありて
 広宣の
 陣列 雄々しく
 勝利 勝利へ

 牙城会
 皆が安心
 頼もしき
  活動 見つめて
 感謝と安堵か

2009-9-1 名誉会長より記念の和歌が贈られる
posted by 元 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 牙城会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

きょう、牙城会の日


「厳護の魂」受け継ぐ勇者たれ

 きょう9月1日は「牙城会の日」。
 1963年(昭和38年)に世界広布の中心牙城である学会本部が完成した意義を込め、76年(同51年)に制定されたものである。
 この年の晩秋、池田名誉会長は、牙城会メンバーと一緒に学会本部周辺を巡回した。尊い会員を一人も漏れなく守ることが最も大切であり、どうすれば守れるのか――名誉会長の一挙手一投足に、牙城会メンバーは、師と同じ責任感と行動を生命に刻んだのである。
 名誉会長は、牙城会の使命に触れ、「随筆 新・人間革命」で綴っている。
 「“私が断じて守る!”“断じて、悪を寄せつけない!”。この強き一念こそ、牧口先生、戸田先生、そして私と、三代の師弟に流れる『厳護の魂』である」
 牙城会の誇り――それは、雨の日も風の日も、何ものにも紛動されず、毅然と会館厳護、学会厳護に徹することだ。
 牙城会の使命――それは、魔の蠢動を細心の目をもって見破り、破邪顕正の最前線で戦うことである。
 邪宗門らの謀略によって79年(同54年)に第3代会長を辞任した名誉会長が、その後、初めて正式に出席した“会合”こそ、80年(同55年)8月31日に行われた牙城会の第1回「柔剣道大会」であった。
 学会に最も激しい嵐が吹き荒れるなか、名誉会長は牙城会の友に語った。
 「いかなる境遇にあろうとも広宣流布という青春に腹を決めて進んでもらいたい。信心という黄金の人生に徹しきって歩んでもらいたい」と。
 「厳護の魂」を燃やす若師子の凛々しき姿が、同志にどれほどの安心と勇気と希望を送ってきたことか。この魂を受け継ぐ勇者が陸続と生まれる限り、万代にわたって学会は盤石である。
 御聖訓には「陰徳あれば陽報あり」(御書1178ページ)と仰せである。
 「隠れた善行は明確な善の報いとなって必ず表れる。陰で黙々と広宣流布のために献身してきた苦労は、いつか必ず、大功徳となって花開く。仏法は生命の厳たる因果の法則であるからだ」(小説『新・人間革命』)
 妙法の功徳は「冥の照覧」である。「信念の人」「努力の人」「忍耐の人」の3指針を胸に刻み、毀誉褒貶の風などものともせず、青春の無量の宝の日々を戦い抜く牙城会の活躍に期待したい。

2009-9-1 聖教新聞 社説


 
posted by 元 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 牙城会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

新・人間革命   命宝53


 信仰とは、希望である。常に、新しき心で、新しき明日に向かい、さらに、新しき前進を開始する力である。
 命に及ぶ数々の大難をものともせず、「然どもいまだこりず候」(御書一〇五六ページ)と、新しき戦いを起こされた日蓮大聖人の大精神こそが、「創価の心」である。そして、そこに、人生の幸福への大道がある。

2009-8-30 聖教新聞 新・人間革命


 嵐の中の大法戦本当にお疲れ様でした。 正直疲れました。ですが、こんなに充実した事もなかったかもしれません。新しい発見もあり、また、多くの課題も見つかった。一番嬉しかったのは新しい同志が増えたことです。熱と力をもった青年が今立ち上がろうとしています。私も青年ですが(笑)
 早速ですが、次の戦いへ出発します!相当悔しいおもいをしましたから、一人立ち上がり先手先手で勝負します! 
 明日は牙城会の日、最高のスタートを切れる日でもあります。
 青年部最後の一年を最高の思い出にしたい!
posted by 元 at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 先手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

新・人間革命 命宝52


 愛する呉の同志の、幸福を祈りながら、山本伸一は話を続けた。
 「長い人生であり、長い広宣流布の旅路です。いろいろな困難もあるでしょう。しかし、その時が、宿命転換の、人間革命のチャンスなんです。“負けるものか!”と、不屈の闘魂を燃え上がらせて、信心を貫いていくことです。
 そして、ひたぶるに、お題目を唱え、広宣流布に走り抜いていくんです。信心に行き詰まりはありません。私も、唱題第一で、ここまできました。
 祈れば、自分が変わります。己心の仏の生命が開かれ、周囲の人も変えていくことができる。さらに、大宇宙が味方します。
 ところが、いざ困難に出くわし、窮地に立たされると、“もう駄目だ”とあきらめてしまう。しかし、実は、困難の度が深まれば深まるほど、もう少しで、それを乗り越えられるところまできているんです。闇が深ければ深いほど、暁は近い。
 ゆえに、最後の粘りが、勝利への一念を凝縮した最後の瞬発力が、人生の勝敗を決していくんです」
 彼の声に、熱がこもっていった。
 「生死即涅槃と説かれているように、人生には、常に苦悩があります。仏も、一切衆生を救うために、悩み抜かれています。
 悩みがなくなってしまったら、人生は全く味気ないものになってしまう。おなかが空くから、ご飯がおいしい。月給が安くて生活が大変だから、昇給すれば幸福を感じる。大変さのなかにこそ、喜びがあるんです。
 成仏というのは、なんの悩みもなく、大金を持ち、大邸宅に住むことではありません。大歓喜にあふれ、生命が脈動し、何があっても挫けない、挑戦の気概に満ち満ちた境涯のことです。広宣流布に生き抜くならば、一生成仏は間違いありません」
 伸一は、皆に、断じて幸福になってほしかった。信心の醍醐味を実感してほしかった。皆が、人生の勝利者になってほしかった。

2009-8-29 聖教新聞 新・人間革命 命宝52
posted by 元 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

民主党は高速無料化から勇気ある撤退を


猪瀬直樹の「眼からウロコ」

ポピュリズムに走らず、正確な事実と数字で冷静に判断せよ
2009年8月25日
 ここに来て、ようやく民主党が衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げる「高速道路無料化」ついて検証されるようになってきた。現在発売中の文藝春秋2009年9月特別号で、僕は「誰も知らない民主党研究 『高速無料化』最後に笑うのは役人だ」という小論を書いた。これを受けて、新聞やテレビでも高速無料化を検証する記事や番組が相次いだ。17日の「報道ステーション」(テレビ朝日系列)では、高速道路無料化論者の山崎養世氏(シンクタンク代表)とも討論した。

菅直人氏が主唱した高速無料化、03年総選挙でマニフェストに明記
 そもそも、民主党が高速道路無料化を言い出したのは、小泉人気に焦って、安易なポピュリズムに走ったからである。

 高速道路無料化を主唱したのは菅直人氏だ。2003年3月、菅氏は道路公団の民営化委員をしていた僕のところに電話をしてきた。民主党は小泉改革が進める民営化に対抗して高速道路無料化を予算委員会で提案したい、という連絡だった。しかし僕は、「将来、政権与党になる気があるなら、無謀な無料化案は引っ込め、自民党の抵抗勢力に抗して、民営化に賛成すべきだ」と諫めておいた。そのときの民主党は、高速道路無料化をいったん引っ込めた。

 ところが、それから3カ月ほど経って総選挙の気配が漂い始めると、菅氏はふたたび高速道路無料化を言い出した。結局、2003年11月の総選挙で、民主党は高速道路無料化を正式にマニフェストに盛り込んでしまった。高速道路無料化は山崎養世氏の持論であり、当時の民主党「次の内閣」で、山崎氏は「次の国土交通大臣」に任命されていた。

 じつは、岡田克也氏ら当時の幹部は高速道路無料化を認めていなかった。どさくさでマニフェストに盛り込まれたまま、消す機会もなく、2005年の総選挙、そして今回の総選挙と、ずるずると残されてしまった。民主党のなかでも合意形成ができていないのではないか。
posted by 元 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

期日前投票、1.5倍に=総務省が中間まとめ−衆院選


8月24日18時21分配信 時事通信

 総務省は24日、衆院選の期日前投票の中間状況を発表した。公示翌日の19日から23日までに期日前投票を行った人は305万5634人で、2005年衆院選の投票日1週間前の時点(201万4072人)と比べて51.7%増加した。有権者全体の2.9%が既に投票を済ませたことになる。
 前回より大幅に増えた背景には、制度が定着してきたことに加え、政権選択が焦点となった今回選挙への関心の高さがあるとみられる。
 中間状況では全47都道府県で前回より増えており、増加率が最も高かったのは沖縄県の149.2%増。以下、山梨県85.9%増、長野県81.1%増と続いた。最も低かったのは宮崎県で7.1%増だった。
 期日前投票制度は03年12月に施行された。衆院選で実施されるのは2回目。前回の期日前投票者数は最終的に896万2847人で、今のペースで進むと、今回は最終的に約1360万人が足を運ぶ計算だ。
posted by 元 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ネットを使えない選挙は変だ(8/23)


 衆院選で各党がしのぎを削っているが、今回の選挙でも疑問といえるのが公職選挙法によるインターネット利用の禁止だ。米国や韓国では選挙運動の最大の手段がネットになっている。日本もそろそろ時代遅れの規制はやめたらどうか。

 公選法は選挙公示後の文書図画の頒布を選挙管理委員会が認めるはがきとビラに限定している。ホームページや電子メールは文書図画にあたり、その更新や送信は頒布行為として公選法違反とみなされる。立候補者が一斉にホームページの更新をやめたのはそのためだ。

 米大統領選ではオバマ大統領が自分の考えをインターネットで訴え、若い有権者の支持を集めた。立候補者の顔と名前しかないポスターや選挙カーによる名前の連呼より、ホームページで候補者の活動などを比較できたほうが、選挙の判断材料として役立つのではないだろうか。

 選挙運動でのホームページ利用は、総務省の研究会が2002年にすでに解禁すべきだと報告している。民主党は電子メールやブログの利用も認める公選法改正案を議員立法で提出したが、衆院解散により廃案となってしまった。

 自民党は選挙制度調査会の作業部会で若手議員らが解禁を提言したものの、意見がまとまっていない。ネットは誹謗(ひぼう)中傷につながるという理由で、ベテラン議員を中心に根強い反対論がある。

 海外では英国やドイツなど先進諸国のほとんどが、民主主義を実現する道具としてネット選挙運動を推進している。紙を印刷して配るより、コスト的にも環境的にも国民の需要に即しているというわけだ。

 こうした状況を憂い、日本でもヤフーや楽天などネット企業が選挙関連のサイトを開き始めた。ネットによる個人献金のサイトも登場している。さらに立候補者が公示前に自分の演説を動画共有サイトに掲載しておくという例も出てきた。

 民主党はマニフェスト(政権公約)でネット選挙運動の解禁を訴えている。世界最先端とされる日本の通信インフラを利用しない手はない。今回の選挙には間に合わなかったが、新政権発足後には与野党できちっとした結論を出してほしい。


2009-8-23 日経ネット 社説2
posted by 元 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

アフガン大統領選実施=武装勢力の攻撃相次ぐ−全土で50人近く死亡


8月21日0時18分配信 時事通信

 【カブール時事】アフガニスタン再建の行方を占う大統領選挙の投票が20日、厳戒下で行われた。優位に立つ現職のカルザイ大統領(51)が決選投票を待たずに当選できるかどうかが焦点。選挙の結果は、同国を主戦場とするイスラム過激派相手の「テロとの戦い」にも影響しそうだ。カルザイ大統領は同日、投票終了後に記者会見し「国民はロケット弾や爆弾、威嚇に屈せずに投票に参加した」と述べ、反政府武装勢力タリバンの攻撃にもかかわらず、選挙は成功だったと宣言した。
 この日は北部のバグランで武装勢力と治安部隊が衝突、AFP通信によれば武装勢力側の22人が死亡し、投票所が開けない事態になった。さらに同通信によると、アフガン全土でこの日、市民9人、警官9人、兵士8人が死亡。死者は双方合わせて50人近くに上った。カルザイ大統領は、全34州中15州で73回の攻撃が同日だけであったことを明らかにした。ただ、大部分の投票所では無事、投票が行われたもようだ。
 同国で大統領選が実施されるのは2004年に次いで2度目。
 選挙管理委員会が出馬を認めたのは、カルザイ氏のほかアブドラ前外相(48)、バシャルドスト元計画相(48)、ガニ元財務相(59)ら41人。世論調査ではカルザイ氏がリードし、アブドラ氏が2番手につけている。
 投票は日本時間20日夜に締め切られ、直ちに開票作業を開始した。数日内に大勢が判明する見通し。最終結果の発表は9月17日の予定。
 

 命懸けの投票もあることを知りました。改めて選挙に対しての姿勢を考えたい。
posted by 元 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

公明党マニフェスト

子育て・教育
小学校就学前3年間の幼児教育無償化。児童手当の支給対象を中学3年生まで引き上げ、支給額も第1子、第2子各1万円、第3子以降2万円へと倍増を目指す。各都道府県に「教育安心基金」(仮称)を設置、教材・図書等の援助や就学援助、給食費の支援等を行う。高校、大学生向け給付型奨学金を創設する一方、無利子奨学金や返還免除制度を拡充。

年金制度
低所得者(単身世帯で年収160万円未満、それ以外は200万円未満)に対して、基礎年金を25%上乗せする加算年金制度を創設。無年金障がい者の幅広い救済を行うため、給付金の支給対象の拡大を目的とした「特定障害者給付金支給法」を改正。年金記録問題は引き続き記録解明に取り組む。

地方分権
地域主権型道州制導入に向け、国と地方の役割、事務事業の抜本的見直し、基礎自治体への権限移譲と自由度の拡大を進める。その際、国と地方の代表等が地方自治に関して協議を行い、地方が権限を有する「分権会議」(仮称)を設置する。また、地方交付税の確保、補助金の大幅縮小、税源配分の見直しを一体的に検討する。

政治・行政改革
国家公務員の退職管理を官民人材交流センターに一元化、“わたり”あっせんを年内に廃止。定年延長、再就職あっせんの全面廃止などで、3年で天下り根絶を目指す。
国会議員歳費を1割削減。衆院に新中選挙区制を導入し、定数を大幅に減らす。国会議員の配偶者および3親等以内の親族が同一選挙区から立候補することを党として禁止。18歳選挙権、永住外国人への地方選挙権の付与を実現する。

安全保障
日米安全保障条約を堅持する中で、日本の平和と安全を守る。弾道ミサイルから国民の安全を確保するBMDシステムを着実に整備。インド洋での補給支援活動を引き続き行う。核軍縮・核不拡散体制の基礎となるNPT体制の強化を図るなど、「唯一の被爆国」として核廃絶への具体的一歩を進める。

農業
輸入への依存度を引き下げるため、産地確立交付金など水田フル活用に向けた対策を大幅に強化。農業所得を向上させるため、地産地消の推進や消費拡大キャンペーンの実施などを推進する。米作の収入減少影響緩和対策における標準的収入の算定を見直し、セーフティーネットを充実。中山間地域等直接支払、農地・水・環境保全向上対策も拡充する。

財源・消費税
消費税を含む税制抜本改革は、景気回復を前提に、社会保障の機能強化の具体化、消費税の使途の社会保障と少子化対策への限定などを条件に2010年代半ばまでに段階的に実行。格差是正のため、所得税の最高税率の引き上げや相続税の見直しを行う一方、「給付付き税額控除制度」を導入する。

http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/
posted by 元 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。