2009年05月15日

立正安国論

 汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か(御書P31)


【通解】 あなたが自分自身の幸福を願うならば、まず一国の静穏、平和を祈るべきです。



 自身の環境や地域社会が豊かでなければ自分の幸福もありえません。他者や地域社会にどう貢献できるかで自身の幸せも決まってくるのですね。
posted by 元 at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。