2009年05月03日

創価王道への感謝

 私が創価王道を知ったのは入信一年目ぐらいでしょうか、今から2年前頃です。当時、信心に付いて、色んな疑問やわからない事など沢山ありました。当時の先輩や幹部に聞いてもなかなか求めているものではなかったり、いい幹部もいましたが忙しい方なのでなかなかお会いできなくネットでいいサイトがないか探し始めた時知りました。
 色んなカテゴリがあり先生の指導が根本にあり学べ、悩みの解決へのきっかけになっていきました。
 そして、創価仏法研鑚掲示板へ書き込むようになりました。  
 そこには、小野さんの厳しい一言で心の芯までズタズタに切り裂かれたりしました。(汗)「そこまではっきり言わなくても」とか「難しくて解かりません。もっと解かるように教えてよ」とか「何故にそこまで言うの?」とかありましたが、それは自身の弱い生命から発せられるものであり、それに気付くこともできました。目的がはっきりしていて、敷居が高いのも研鑽の足りなさが原因であるから答えられない自分だからだと感じました。馴れ合いも廃してネットに依存する者への配慮も徹底されているとおもいます。
 厳しさの中の本当の慈悲のある方だと私は思います。そして孤独な戦いを一人起こしている本当に強い方でもあるとおもいます。
 そこで知り合った沢山の素晴らしい先輩方からも温かいアドバイスをいただいたり本当に感謝しております。
 自身もっと学び今ある現場で戦い人間革命できるよう真剣に取り組んでいくことが恩返しだとおもっています。
posted by 元 at 23:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 創価王道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。