2009年09月07日

行き詰まり

 人生は、ある意味、「行き詰まり」との戦いです。生きる限り、また、戦う限り、必ず困難の壁が立ちはだかるのは当然です。順風ばかりで「行き詰まり」がないのは、むしろ停滞の証です。
 戸田先生は事業が逼迫し、打開の道を開く苦闘を続けていた時の事です。疲労が重なっていた私の姿をご覧になった戸田先生は、力強く叱咤してくださいました。
 「信心は行き詰まりとの闘争だ。仏と魔との闘争が信心だ。それが、仏法は勝負ということだ」
 誰人の人生にも、また、どんな戦いにも、必ず「行き詰まり」を感じる時があります。
 しかし、行き詰った時こそ、自身の信心が試されているのであり、「勝負の時」にほかならない。大事なことは、常に前進の方向へ一念を定めることです。壁を乗り越える挑戦自体が、自身の境涯を確実に広げゆく因となるこは間違いありません。戦えば必ず生命は変わります。宿命は絶対に転換できる。
 その意味でも、行き詰った時こそが本当の勝負です。行き詰まりを打開する力こそ、「いよいよ強盛」の信心です。これは、社会にあっても変わりません。


2009-9 大百蓮華 No716 P58


 『順風ばかりで「行き詰まり」がないのは、むしろ停滞の証です』とあります。法戦が終わり、完全に休みモードの私にとってとても心が痛みます。

 さらに―

 釈尊の言葉にもこうあります。
 「善をなすのを急げ。悪から心を退けよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事をたのしむ」

(『ブッタの真理のことば 感興のことば』中村元訳、岩波文庫)


 『心は悪事を楽しむ』とあり、休みの過ごし方も大切になってくるとおもいます。いかなる状況下でも朝晩の勤行をしっかりやり、決意にはじまり、感謝に終わるリズムを崩さぬよう心がけたい。
posted by 元 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

種種御振舞御書

一丈のほりをこへぬもの十丈二十丈のほりをこうべきか(御書P912)

(通解)一丈の幅の堀を越えられない者が、どうして十丈や二十丈もある塀を越えられるだろうか。


 目の前にある一つ一つと勝負して勝っていくことが凄く大切なのですね。それが勝ちの業をつんでいくことになり、結果大勝利に繋がっていくのでしょう。小事が大事なのです。
posted by 元 at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

今日の新・人間革命 潮流17


 行き詰まったら原点に返ることだ。唱題から出発するのだ。妙法は宇宙の根源の法なるがゆえに、妙法への祈りこそ、一切を動かす原動力となるのだ。
 ジェイ・ハーウェルたち、コンベンションのスタッフは、作業場の倉庫で、御守り御本尊に向かって、懸命に唱題した。
 州政府の担当の責任者とは、日をあらためて会うことにしていた。地元の幹部であるヒロト・ヒラタらも、誠意を尽くして、関係各所の説得に回ってくれた。
 数日後、ハーウェルらは、担当の責任者と会い、コンベンションの意義と歴史、また、SGIの目的などを説明していった。
 担当の責任者は、前回とは打って変わって、にこやかに頷きながら、彼らの話を聞いていた。意外であった。
 そして、彼らが、なんとしてもワイキキで行いたいと頼むと、「オーケー、許可します」との言葉が返ってきた。
 あまりにも、あっさりと許可が下りてしまったのである。
 彼らは喜びより、驚きの方が大きかった。
 「本当にワイキキでコンベンションを行っていいんですね」
 「はい。成功を祈っております!」
 担当の責任者は、SGIのことについて調べていた様子であった。
 そのなかで、一月に山本伸一がハワイを訪問し、州知事と会見したことなども、わかったようだ。また、州知事の力添えもあったのかもしれない。
 さらに担当の責任者は、市・郡の担当者にも電話を入れ、ワイキキでの開催を認めるように口添えしてくれた。
 “諸天善神が動いた! 題目はすごい!”
 ハーウェルたちは、確信を深めた。
 人生には、さまざまな困難や試練があるものだ。その時、“題目ですべては乗り越えられる”という、学会活動のなかで培った体験が大事になる。それが、何ものにも負けない不動の確信を生む源泉となるのである。

2009-2-15 聖教新聞



 「行き詰まったら原点に返ることだ。唱題から出発するのだ。」とありますように、われわれの信仰には行き詰まりを打破できる素晴らしい法があり師匠がいて、そして題目があります。ありがたいです。
 勇んで語ってまいります。




posted by 元 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

自身の壁

 わが友に贈る

 信心とは
 惰性との戦いだ。
 境涯の殻を破れ!
 フレッシュな生命で
 大成長の自分史を

 2008-2-8 聖教新聞


 最近自身の壁にぶちあたっています。壁を乗り越えられない、決意しきれない弱い自分がいます。
 このわが友に贈るを読んで、先生に今の自分の状態を見抜かれていらっしゃると感じました。
 振り返ると、後数日で入会四年目に突入します。昨年の戦いは自分でもびっくりするほどの戦いができました。ですが、これがプレッシャーになっています。今以上に先生にお応えすることができるだろうかと。
 壁にかんじてしまった自分がいます。
 しかし、この先生の激励のお言葉で惰性に打ち勝つヒントを頂きました。今までのことはどうでもいい!新しい挑戦!新しい決意!遠くに輝く仏の道を!師弟の道を!創価の王道を歩んでいこう!と。
 胸の中の暗闇がスッと晴れてきました。真夜中から太陽が昇ろうとするまさに黎明のような、そんな気分であります。
 さあ、出発しよう!自分頑張れ!負けるな自分!
posted by 元 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。