2008年12月27日

新人間革命 新世紀34

「“生涯青春”であらねばならぬという考え方は、老いも、若きも持たなければならぬと思います」と賛同し、さらに、こうつづった。
 「青春の姿勢を、死の瞬間まで崩すべきではないでありましょう。しかし、こうしたことは、一朝一夕にできることではなく、青壮年期をそうした姿勢で貫いて来て初めて、老いてもなお、それを望み得ることであるに違いないと思います。
 私もまた“生涯青春”を心掛けようと思いますし、実際にまた心掛けて来ております」


2008-12-26 聖教新聞 新人間革命


生涯青年をめざします!
posted by 元 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。