2012年06月15日

高橋容疑者 事件は“教団の指示で

高橋容疑者 事件は“教団の指示で”

オウム真理教の一連の事件で特別手配されていた最後の1人、高橋克也容疑者(54)が東京・大田区の漫画喫茶で確保され、殺人などの疑いで逮捕されました。
事件について、高橋容疑者は、「教団の幹部の指示でやりました。目的については一部知らなかったこともありました」と供述しているということです。

逮捕されたのは、オウム真理教の信者だった高橋克也容疑者(54)です。
高橋容疑者は、平成7年3月に起きた地下鉄サリン事件でサリンを発生させた豊田亨死刑囚の逃走を支援したなどとして特別手配されていました。
警視庁によりますと、15日午前8時半ごろ、高橋容疑者に似ている男が東京・大田区西蒲田の漫画喫茶にいるという通報が警視庁にあり、駆けつけた捜査員が午前9時20分ごろ、高橋容疑者が会計を済ませて店を出たところ、身柄を確保したということです。
確保されたとき、高橋容疑者は自分は高橋克也だと認めたということで、警視庁は指紋などによって本人と確認し、午前11時すぎに高橋容疑者を殺人などの疑いで逮捕しました。
高橋容疑者は菊地直子容疑者が逮捕された翌日の今月4日、勤め先に近い信用金庫で238万円余りを引き出し、ショッピングセンターでキャリーバッグを購入したあと、逃走を続けていました。
警視庁によりますと、高橋容疑者は15日午前6時すぎに1人で漫画喫茶に入店し、薄い灰色の半袖シャツに青いズボンをはき、茶色のボストンバッグと黒のビジネスバッグを持っていました。
高橋克也容疑者は容疑事実を告げられると、微動だにせずに目を見開いたままうなずいたということです。
調べに対して高橋容疑者は、「現金は470万円くらい持っていて、今月4日にショッピングセンターで購入したキャリーバッグは横浜市鶴見区のJR鶴見駅のコインロッカーに入れている」と供述しているということです。
また、事件については、「教団の幹部の指示でやりました。目的については一部知らなかったこともありました」と供述しているということです。
高橋容疑者は、地下鉄サリン事件のほかに、いずれも平成7年に起きた、東京の公証役場事務長の監禁致死事件や、東京都庁で当時の青島知事宛の郵便物が爆発し職員が大けがをした事件などにも関わった疑いが持たれています。
高橋容疑者が逮捕されたことで、オウム真理教の一連の事件で特別手配されていた3人は手配から17年がたって全員が逮捕されました。
警視庁は17年間におよぶ逃亡生活の実態や高橋容疑者の関わりなどを調べることにしています。


組織の中にも高橋容疑者のように『アイヒマン』状態に陥ってる人は多いな。

● ミルグラム実験
posted by 元 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275271907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。