2011年12月03日

感謝

久しぶりのブログ更新です。 更新も無きブログにコメントくださった方々、閲覧してくださった方々には大変申し訳ないおもいです。

私自身、修業の旅に身を投じ滝に打たれ、座禅を組み、火の付いた薪の上を歩き悟りを得て帰って来ました(ウソ)。

男子部最後の戦いに没頭していました。 私が卒業した後、関わっていたメンバーさんたちが折伏を決めています。三世帯も。 しかも卒業の折に、私の縁した人達から激励のコメントを書いたアルバムをプレゼントしていただけました。泣きました(決して人前ではありません。ご本尊の前でひとりでですよ)いただいたその時は、こんだけできるんだったら本幹結集はもっとできるだろ?と文句をいいましたが。
まー、偉そうなこと言っていますが、完全にハッタリです。

ですが、彼らに教えられました。たくさん。 

感謝できないことは問題ではないのです。 感謝を感じるのに、早く感じる人もいれば、なかなか感じない人もいます。 感謝は強要するものでもなく自然と感じるものです。それを自分の価値観で判断してしまうことはとんでもないことだと思います。っていうか、私がそうでした(汗)

それから、生命って悪く思う生命もあれば、よく思う生命もあります。ですが、否定することはできないのです。どんな人にも一念三千があることを理解することが大切だと思います。他者と変わらないところを着目するべきだと思います。強く出る生命が個性でもあるし、その強く出る生命を殺そうとする働きが社会や組織、道徳、価値観にあるということは認識すべきだとおもいます。 型にはまらない自由な、そして個性を発揮できる環境の構築が今の私の課題です。

まー、頑張ります。 目標は怠惰な私でも続けるが目標で。 
posted by 元 at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男子部卒業ですか。
本当にお疲れ様でした!というか、これからも疲れることいっぱいありますね(笑)
アルバムをプレゼントしてもらうとは、本当に良い仲間をお持ちですね!
最高の宝だと思います。

Posted by さば at 2011年12月05日 04:43
鯖さん、コメントありがとうございます^^

今までで一番嬉しかった最高の宝です。この信心を最期まで貫ける最高の因です。

これも、鯖さんをはじめ、ネットで縁できた方々のおかげです。

これからも共に進みましょう!

『登れ!ドンドン!進め!ズンズン!』
Posted by 元 at 2011年12月05日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。