2010年09月01日

誓い

 尊敬している方から叱咤激励をいただいた。 とても痛かった。 私自身の信心の姿勢を正してくれた。

 師匠への誓願。誓いは変わらないものだ。私は期間限定の誓いしかしていなかったから、その戦いが終わってしまえば消えてしまう誓いだった。それは誓ではなかった。願望程度のものだった。

 永遠の誓いを一つ決めた。この誓いを一つずつふやしていくことが信仰なのかもしれない。

 ありがとうございます。 拝謝。
【関連する記事】
posted by 元 at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御無沙汰しております。
お元気ですか?
誓い。。。弟子として広布を担う上で一番大事なことですよね。
誓いがあるからこそ、不可能を可能に出来ると学んでいるところです。

お知らせですが、9月4日15時30分から関東エリアのテレビで、先日の24時間テレビ‘241人のオーケストラ’ の裏側の番組があります。
学会の合唱団‘流星’が参加しています。
よろしけば、是非ご覧下さいね。
Posted by Romi at 2010年09月03日 20:46
うわぁーRomi さんお久しぶりです!

元気ですよー!Romi さんはいかがですか?

惰性に流されていることに気づきませんでした。猛省しました。
誓願と共に生きようと決意しました。

流星―見ます! すぐに録画します。
Posted by 元 at 2010年09月04日 01:10
間違いを正し、いい方向へ導いてくれる
人が居る事は素晴らしい事ですね。
Posted by 速水長三郎 at 2010年09月14日 23:34
速水長三郎さん、コメントありがとうございます。

そうですね、とてもありがたいです。

とても痛いですが(苦笑)
Posted by 元 at 2010年09月22日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161214453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。