2010年04月20日

5か月長女を壁に投げつけ…無職母親を逮捕

4月20日11時53分配信
読売新聞

 生後5か月の長女を壁に投げつけ、左腕の骨を折るけがをさせたとして、愛知県警半田署は、福井県敦賀市東洋町、無職堀居緑子容疑者(22)を傷害容疑で緊急逮捕したと、20日、発表した。

 発表によると、堀居容疑者は、今年2月上旬頃から今月16日頃まで、自宅で、壁にぶつけるなど長女を虐待し、左腕の骨折など約3週間のけがを負わせた疑い。調べに対し「育児の疲れで、イライラしていた。解消のため、壁にぶつけたり、たたいたりした」と虐待していたことを認めているという。

 長女は、左腕のほか、右腕、右足の計3か所に骨折があったほか、顔面や胸部に打撲痕があった。また、左足の裏に、鋭利なもので刺された傷もあったという。

 堀居容疑者は、敦賀市内の自宅で夫(27)と3人暮らし。今月18日から長女と愛知県常滑市内の実家に帰省していたが、母親(54)が長女の体にアザがあるのに気付き、近くの病院に連れて行き、不審に感じた病院からの通報で虐待が判明した。


 痛ましい・・・・。 目を背けたくなる事件。 
 生後5ヶ月の赤子を22才の母が幾度となく虐待を繰り返したのでしょうか。はじめは、ちょっと抓っただけかもしれない。しかも無意識に。そして、徐々にエスカレートしてしまったのでしょうか。ふと我にかえって自己嫌悪し、そしてまたストレスを感じ繰り返してしまう・・・・。 あまりにも無力な子供。そして、過度の育児によるストレスからくる暴力。 なぜそうなってしまったのでしょうか・・・。
 私はこの事件をどう受け止めればいいのでしょうか。ただただ虚しく、悲しく、やり場の無い怒り、そして自身の無力感が襲う。
 できるなら、知りたくなかった。
 戦争もこの事件も根本にあるのは同じようにおもう。
posted by 元 at 16:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に、痛ましいですね。。。
最早日本は悪鬼が入り込んでる証拠です。
子が親を殺し、親が子を殺し・・・
もう、悲しくてニュース聞いてると直ぐ
涙が出てしまいます。

子供って可愛いんですよ。。。
悲しすぎます。。。
Posted by 速水長三郎 at 2010年04月21日 00:43
速水長三郎 さん、いつもコメントありがとうございます。

こういった事件が少なくなるように願いたいです。
Posted by 元 at 2010年04月23日 13:57
5・3栄光有る日を向かえ真におめでとう御座います!
Posted by 速水長三郎 at 2010年05月04日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147142899
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。