2010年03月03日

父の癌

 先日から父の身体の具合が悪く病院で検査しました。 
 検査結果は肝臓の数値が悪くCTやMRIから、胆管(肝臓から十二指腸まで胆汁を運ぶ管腔構造物の総称である)の途中で胆汁の流れが悪くなっていて、結石か癌でしょうとのことでした。 そしてその他の検査結果で判断するに95%の確率で癌と告知をうけました。
 しかしながら、早期発見でステージ1か2なので手術で切除すれば完治の可能性は高いそうです。 その手術自体は場所的に内臓の奥にあるらしく手術的には難しいと。
 その告知を、父と母と妹と立ちあいました。 父は少し落ち込み、母と妹は動揺していました。 私は意外と平静をたもてました。実際助かる可能性は高く、まだ死んだわけではなくて、今生きているし、これからどう癌と向き合うかが大切なのだからと思った。

 今、そのことを振り返って、父は後どれくらい生きるのだろうか?とか、今までの父との思い出や、父に親孝行できるのも時間があまりないことや、父の癌によって母や兄弟への影響の心配や、手術に向けての様々な準備など考えています。 
 
 私の中に悲しみや悲嘆はなかった。恐怖もなく、何が出来るのかしかなかった。 実際私の部長の父は余命6ヶ月の告知をうけていて、その中で戦っていて、世の中にはもっと過酷な状況下で苦闘している人もいるわけで、むしろ現状、可能性がある事実へ感謝し、そうおもえるようになったこの信仰への感謝です。今素直に父へ親孝行したいと思えることが奇跡だから。
【関連する記事】
posted by 元 at 01:43| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お父様の快癒を御祈念致します。

 親孝行を沢山して下さい。
 癌告知は後になって不安感が来たりするし、お母様も動揺が続きますので支えが必要ですね。
 本人は勿論、家族の負担が大きいので、無理をなさらない様ご自愛下さい。
Posted by JunkDark at 2010年03月05日 02:51
JunkDarkさんありがとうございます。
油断しないようにいたします。
しっかり目を見開いて現実を捉えてこの癌に感謝できるよう戦います。
あたたかい心遣い本当にありがとうございます。
Posted by 元 at 2010年03月05日 16:28
最善を尽くすことです。
まず、大きな本屋に行き、ガン対策の本を数冊購入する。その本をまず、元さんが読む。そして、そのことを家族全員に伝え、お父様に渡し読んでもらう。
まず、低体温は大敵です。免疫を強くするために、体を冷やさないことです。治療、食事、生活の全てを、ガン克服に集中し、その上で祈り、活動することです。
大事な広宣流布の命です。大事にして長生きして欲しい。
Posted by 菊川広幸 at 2010年03月06日 18:47
菊川さんありがとうございます。
私に何ができるのか、考え行動していきたいとおもっています。
母も以前に乳癌になってそれを乗り越えて今は元気にしています。
癌と戦うには癌を知らなければいけませんね。アドバイス本当にありがとうございます。
Posted by 元 at 2010年03月07日 13:46
御父様、治りますよ!
御本尊を信じて下さい!!
Posted by Hermann at 2010年03月09日 01:28
元さん、お久しぶりです。
私も昔、身内が癌を宣告された事がありました。
年齢も年齢だったので、ある内蔵の大部分を切除する必要があるという宣告は、厳しいと、当時、本人も周りも感じました。
結果は、術後の定期的な癌検診は続ける必要はあるものの、一部を切除してほぼ治ったと言える状況になり、本人は元気に暮らしています。
周りに信心をしている者が居れば、余計に最後までどうなるか分からないですね。

元さんのお父さんと、元さんのお父さんを支える周りの方々にお題目送ります。
m(_ _)m

Posted by 凰陣 at 2010年03月10日 06:28
Hermannさん信じます!
Posted by 元 at 2010年03月10日 16:25
凰陣 さんお久しぶりです。
そうでしたか、癌と戦っている方はいっぱいいらっしゃいますね。
私の母も乳がんでしたが今は元気です。
同志の真心は本当にありがたいです。
お題目ありがとうございます。
Posted by 元 at 2010年03月10日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142619856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。