2010年01月30日

創価学会のCM

公共の電波が創価学会のCMを解禁するのは問題じゃないのか

創価王道


 たまたま、昨夜創価学会のCMを見た。 私はその時に違和感を感じた。 なんだろうか・・・この違和感としばらく考えた。 そのCMを見たときに私はSGI提言を読んでいた。 なにかその提言とCMとがミスマッチに思えた。 そもそも、CMは資本主義社会の象徴と言ってもいいようなものだと思う。 その提言には資本主義社会の根源的なことについて語られている。 相反するそれは矛盾でしかないのではと思った。 
 なぜにCMを流すのであろうか? 私たちが真剣に地道にやっている広宣流布をおとしめる結果にならないだろうか。 創価王道にもかかれているように、CMには莫大な資金もかかります。 私も無冠の友に還元するのが先だとおもう。 若しくは聖教新聞や書籍をもっと安くしてもらいたい。 
 私はこのことは納得できないので物申していきます。
posted by 元 at 11:59| Comment(13) | TrackBack(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はですね、あれローカル局では結構二、三年前
から流れてたんですよ。
東京新宿の、アルタ・スタジオ前の大きな
スクリーンで毎日流れてます。
私も少々違和感を感じました。
宗教を宣伝してる様で・・・
物では無いのにって思いました。

先生は御存知なのだろうか??
多分、知らないと思う。。。
Posted by Hermann at 2010年02月02日 00:40
いつもコメントありがとうございます^^

CMでイメージアップを図っているのでしょうが、それによって広宣流布が安易なものになって、はたしてそれで人間革命や宿命転換が可能なのか疑問です。幹部の怠慢をお金で補おうというところが学会の本質を曇らせ、また、学会員を弱く浅はかな薄っぺらいものへ堕落させるようにおもうのです。真剣に広布の旗を掲げて、地道に戦っている同志を冒讀しているようにも感じます。

だからこそ、何かしていかなければならないかとおもいます。

ブログに書くのも一つですし、ラインで幹部に訴えていくのもそのひとつだとおもいます。

真心の財務をそのようなことへ使われて嬉しくははいです。
Posted by 元 at 2010年02月02日 18:52
CM、過去からラジオではされてきましたよね。^^
「そうか、がっか〜い!」というもの。
私、TVのCMは、聖教新聞CMしか見ていません。聖教新聞は、ご供養ではないので、問題はないと思います。一度見てみないと判断できませんが、私は、ラジオのCMはとても好きだったので、TVもありという流れは否定的ではありません。
でも、「違和感があった」とのことですから一度見てみたいです。^^
Posted by 菊川広幸 at 2010年02月13日 12:49
 創価学会のCMは更新されましたね? こんばんは・・\(^o^)/・・自分は男子部創価班で未来部の少年部の支部責任者として頑張っています。過去において「【巌窟王】:デュマ著 紙芝居を少年部の為に作る!1/4〜1/4」まで作成した事もあります。是非見てお役に立てたら何よりです。今回は自分も含め、少年部員の皆さんに正しい勤行の仕方をと思い部員会でのアドバイスをする予定の内容を記事にしました。・・・と言う主旨で記事にしました。タイトルは『地域の小学生(未来部)の為,正しい勤行の仕方を教える』です。毎度のユニーク:おもしろ画像写真では、「現小学校教室における写真に日本語は難しく間違えやすい」写真画像を貼りました。1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って楽しく見てやって下さい。<m(__)m> 【脳・神経・脊髄】をポチして清き1票を下さい・・_<m(__)m> お願い致します。尚!時あれば・・自分の【学生編】当過去ブログにも、当時の写真・数多くの!面白い・可愛い(猫.犬)・画像・動画もありますので、どうか!楽しんで見てやって下さいませませ。 <m(__)m>・・特に左上にクイックすれば見れる自分の過激な18歳・当ブログ最初の交通事故の第1編を見て頂いたら感謝が絶えません。では、また・・・

Posted by 智太郎 at 2010年02月13日 18:12
うーん、確かに。
自分も、学会のCMはあまり好きじゃありませんね・・・
Posted by さば at 2010年02月16日 04:21
菊川さん、コメントありがとうございます。
CMじたいはさわやかなイメージで悪くはないですが、同志の皆さんがいろんなおもいで対話してきたことがなんか軽くなってしまうような気がしたのです。


智太郎さんお久しぶりです。コメントありがとうございます。


さばさん、コメントあざーっす。
CMに関しては慎重に行ったほうがいいようなきがします。
Posted by 元 at 2010年02月19日 01:55
はじめまして。

2世学会員のとみーと申します。

私はブログやっていないんですが、東村山関連の問題を扱っている『りゅうオピニオン』という学会員さんのブログから巡り巡って参りまし(笑)


私は聖教新聞のCMは見たことあるんですが、それでさえ違和感ありありです。『元』さんも書かれていらっしゃるように、軽いというか。。必死こいて啓蒙してんのに・・・と感じてしまいます。。。

こういった疑問は普通に本部へ届けるべきですね。

失礼しました。
Posted by とみー at 2010年03月04日 00:34
とみーさんコメントありがとうございます。
こういったことをどのよに訴えていくか私たちは学ばなければと感じています。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 元 at 2010年03月06日 00:59
お邪魔します。

かつて第2代会長はこう仰いました。
「或る人は利口気にいう。布教に、ラジオを使うべきだ、テレビを使用すべきだ・・・俗にいう、PRなど、学会には、絶対に必要ないのだ。」
広宣流布とは、一人一人の対話で地道に勧めるものだと思ってました。
今の創価学会は、ぜんぜん違いますね。
Posted by さくらもち at 2010年10月31日 16:34
布教のためにCMをながしているとだれが言っているのでしょうか。
文証が見たいものだ。

もし文証がなければ、邪義であり、
勝手な個人の見解です。
と付け加えるべきだ。

なぜ、CMをながしているかは、自分も知らない。
しかし、調べもせず誰もが
見れるサイトに勝手な批判を並べることはおかしいし、思い上がりではないだろうか。

どこぞの幹部にストレスが溜まっているのか、知らないが所詮見識の浅さ。
思慮のなさを感じずにはおられない。



Posted by おやじさん at 2011年05月05日 23:48
おやじさん、コメントありがとうございます。
私は断定して言っているのではありません。一つの意見として書いています。
おやじさんの文証を提示しろというのも、無理があると思いますよ。 CMをどういう意図で流したかは本部内で決めていると思いますが、実際その議事録を一般の会員が閲覧できるわけでもない。そのような状況下で文証をだせるわけないし、文証がなければ発言してはいけない仰るなら、それはいかがなものかと思います。
それから、自分は知らないと、無責任な発言をしながら、そういったコメントをすることに違和感を感じてなりません。

〉どこぞの幹部にストレスが溜まっているのか、知らないが所詮見識の浅さ。
思慮のなさを感じずにはおられない。

文証を出してください。
Posted by 元 at 2011年05月12日 11:06
CMは商業戦略ツールのひとつです。

宗教法人は株式会社ではない。

昭和の創価学会とは変わってしまった。

純真な信心とは何かを、学会員自身が見つめ直

す必要があると思います。
Posted by 凡夫 at 2012年04月30日 01:07
凡夫さんコメントありがとうございます。
同感です。
資本主義って人の心の豊かさを奪う作用があるように思います。
Posted by 元 at 2012年05月01日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。