2009年09月19日

対話

本日、友人と対話しました。この友人は私が資格をとるために学校へ通っていた時に知り合った友人です。10年ぐらいの付き合いになります。
年に一回ペースで会っている友人です。自分より境涯の高い方です。年齢は一つしたですが。。。。(泣)
でも、そんなの関係ない(古!)
お互いの一年間の状況を話しながら対話を始めました。
話を聞くと、彼は結婚しているのですが、以前会ったあとぐらいに双子の子供を流産し、さらには務めていた会社も倒産寸前となり自主退社して違う会社へ転職していました。
おおおおお、深い!しかも現会社で自身の壁にぶつかっているではないですか〜〜〜。なやんでいる彼に真剣に話を進めていきました。
彼が今なやんでいるのは、仕事で今まで現場監督をしていましたが、今リフォーム会社で営業もやらなければならなくその中でお客さんに対してはっきり言えない自分や、会社の同僚と馬が合わないといった悩みでした。
ふむふむと聞きつつ、ナイフばりの切れ味で友人の心を切り刻んでやりました。そして彼は「そうなんです。じぶんの小さな我が邪魔しています」と言いました。
そのあと、自身の信仰体験を話し、さらには、とりあえず聖教を読んでみてはいかがですか?とプッシュしました。
彼は、「元さんは凄く変わった。すでに経営者の考え方ですね。しかも前向きさと自信も感じます」と、言いました。「創価学会は凄いと思いますし、元さんが実際変わっているのだからそうなんだろうとはおもいます。しかし、自分は頑固なんです。それを受入れられない小さい人間なんです。理解してください」と、彼は言いました。そして私は、「そうだね、その頑固さが今の悩みの原因だね」と言いました。彼もまた「そうですね」と、うなづきました。
三時間の対話もあっという間に終了しました。
最後に、彼がまたお願いしますと深々頭を下げました。そして私も、こちらこそ宜しくと同じように頭を下げてお別れしました。
今回の対話は彼との縁を深める楽しい対話でした。彼のような、苦労をし、真面目で人の良い方は絶対に幸せにならなければならないと思いました。そして、自分がもっと力をつけて強くならなければ救うことはできないと改めて感じました。

以上をもちまして活動報告とさせていただきます(笑)
※酒が入っている事をご了承ください。
posted by 元 at 00:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間主義の旗をさん

元会員で現在はバーラタ関係者です。
必要があり、日女御前御返事の検索中に偶然おたずね致しました。
小学校6年の時から内得信仰を始めて、自発入信をして40年以上在籍しておりました。
まだ聖教が週刊の時代の小学生でした。
草創期から大折伏戦の時代すべてを体験した世代です。
学会も宗門もどちらも正統であり異端ですが、両者とも本当の敵を見失っているように懸念しております。
鷺とカラス貝の故事をご存知でしょうか、最期は漁師に一網打尽にされる話です。



Posted by バーラタ at 2009年09月21日 09:22
バーラタさん、はじめまして。
本当の敵とは何でしょうか?
Posted by 元 at 2009年09月22日 16:13
人間主義の旗を さん

コメントを戴き有難うございました。
本当の敵とは造仏、一尊四士、二尊四士を許す延山の教風です。
Posted by バーラタ at 2009年09月22日 19:26
延山の教風とは正直あまり聞いた事がありません。何かそれが解かるサイト等あれば紹介していただけるとたすかります。

私は、宗門自体が悪であると認識しております。
Posted by 元 at 2009年09月23日 23:43
人間主義の旗を さん

富士教学研究会のブログをお訪ねください。反宗門反創価で興統法縁を名乗る元学会員の集まりです。ちなみに私は部外の人間のひとりです。別角度からの考証に会を利用させて戴いております。
嫉妬から白亜の本堂を破壊した日顕は嫌いです、また顕彰狂のお方も好きではありません。
Posted by バーラタ at 2009年09月24日 20:42
追記です

あくまでも研究としてのご紹介ですが。
鷲峰会のホームページ法華経時自我褐随想の第11回あたりも参考になります。
大石寺は石山、京都要法寺は要山、身延の久遠寺が延山です。
Posted by バーラタ at 2009年09月24日 21:33
バーラタさん、ありがとうございます。
サイトは見ましたが、一概に判断できるものでもないかとおもいました。一つ提案ですが、私が信用している掲示板(ttp://jbbs.livedoor.jp/movie/8831/)
があります。私もそこで参加していますが、そこには管理人さんをはじめ知識あるかたがいますので、そこで話しませんか?
お互いの主張のなかでためになる対話ができればとおもいます。
Posted by 元 at 2009年09月25日 16:38
人間主義の旗をさん

おさそいを戴き有難うございます。

掲示板の諸賢氏にお訊ね願えますか。

大集経と無量義経の偽経説の文献学上

の検証についてです。

仏滅後二千二百云々が自壊する論拠に

なると思うのですが。

日顕派はこれで吹き飛ぶ検証です。



Posted by バーラタ at 2009年09月25日 21:37
早速、上記掲示板にてスレをたてますので、宜しくお願いいたします。
御気楽にコメントください。
Posted by 元 at 2009年09月26日 02:08
無量義教の件は春先に騒がれた論争のひとつでした。三色旗と鶴丸の双方で騒ぎ
宇宙生命論の水掛合いになりました。
無量義教を偽教として研究したのは、萩原雲来師で英国留学のサンスクリット学者で浄土系のお方です。
梵我一如はヒンドゥ教の宇宙観で仏教の立場は諸法無我なので論争に及んだものです。
バーラタとは古代のインドの事です。
Posted by バーラタ at 2009年09月27日 22:02
こんばんは

ブログ投稿の経験は二ヶ月程度です。
掲示板はここが初参加でした。(したらば)さんですね。
現在は中立的な立場で小まめに資料あさりを継続しております。
無量義経を教と打ち込むロートルですが、専攻が電子畑の出身なのでパソコンには詳しいと思い込んでもいます。
複数ブログに出没していますので、どこかで出会うかも知れません。
Posted by バ−ラタ at 2009年09月28日 19:06
色々ありがとうございます。
掲示板の方で一つずつ御自身の主張を皆で対話し有意義な話ができればうれしいです。
是非お願いいたします。
Posted by 元 at 2009年09月28日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128359028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。