2009年08月25日

期日前投票、1.5倍に=総務省が中間まとめ−衆院選


8月24日18時21分配信 時事通信

 総務省は24日、衆院選の期日前投票の中間状況を発表した。公示翌日の19日から23日までに期日前投票を行った人は305万5634人で、2005年衆院選の投票日1週間前の時点(201万4072人)と比べて51.7%増加した。有権者全体の2.9%が既に投票を済ませたことになる。
 前回より大幅に増えた背景には、制度が定着してきたことに加え、政権選択が焦点となった今回選挙への関心の高さがあるとみられる。
 中間状況では全47都道府県で前回より増えており、増加率が最も高かったのは沖縄県の149.2%増。以下、山梨県85.9%増、長野県81.1%増と続いた。最も低かったのは宮崎県で7.1%増だった。
 期日前投票制度は03年12月に施行された。衆院選で実施されるのは2回目。前回の期日前投票者数は最終的に896万2847人で、今のペースで進むと、今回は最終的に約1360万人が足を運ぶ計算だ。
posted by 元 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。