2009年08月12日

投票するということ

 選挙で投票することは、私達国民の権利です。 私たちの一票が政局を左右し、また、これからの国の情勢に影響を及ぼすものです。 一人一人の国民の判断が国を動かしていきます。
 しかしながら、実際はマスコミに躍らせれ、また、流されているように感じてなりません。
 政治献金しかり、スキャンダルを起こしている立候補者に投票するということは、悪い事をしても貴方を選ぶということです。ここでよくよく考えていただきたい。金の不祥事を起こしている立候補者が節税をすると言ってそれを信じられるのでしょうか。スキャンダルを起こすような悪人を選んでいたらこの国が良くなるわけはありません。
 政治家は国を良くするために、どういう考え(公約)をもって、どういうことを実践して、どのような結果を出したかが大切であり、政党にしても、候補者にしても、国民はそれを学んでしっかり選んでいかなければ、日本という国は決してよくなるわけはありません。
 適当に選んで投票すれば、適当な国にしかならない。マスコミなど一方的な適当な意見にしかすぎない。
 さらには、選挙に行かない国民もいる。自分一人投票しても何も変わらないと思っている『あなた』がいるから、変わらないのです。
 選挙に行かないあなたは、不景気だとか、税金高いとか、自民はこうだ、とか一切言う資格はない。なぜなら、権利を放棄しているからです。投票という、政府に対してできる意思表示を放棄しているということを自覚していただきたい。
 政治に目を向けることは、あなたや、家族、友人の生活を守ることにつながります。だからこそ、今、貴方の真剣な一票が日本という国を豊かに変える全てなのです。
posted by 元 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。