2009年06月01日

公明党の中道主義とは

【問い】
 公明党の中道主義とは、どのようなものでしょうか。また、いままでいわれてきたものと、どのような違いがあるのでしょうか。

【答え】
 われわれの唱える中道主義は、生命の尊厳、人間の尊重という根本に立ち返って、そこから、いっさいの文化活動を推進していこうという考え方です。
 公明党の中道政治とは、この中道主義の政治面おける実践といえよう。
 中道主義と似たものに、中庸主義という主張がある。西洋では古代ギリシャ、東洋では中国の儒教にあり、ずいぶん昔から繰り返されてきた。
 戦後の日本でも、かつて芦田内閣が中道政治を唱え、いまの民社党も中道主義を主張している。
 ことばは似ているが、これらは、いずれもわれわれの中道主義とは、その本質において、まったく異なったものだ。
 結局“行き過ぎてもいけない、足りなくてもいけない”というだけの考え方であり、それは、哲学というよりも処世術といったほうが適当であろう。したがって、それにもとづく政治は、きわめて消極的なものとなり、未来に向かっての、力強い前進、指導性もありえない。
 これに対して公明党の主張する中道主義、中道政治は、仏法の真髄の生命哲学にもとづき、真に人間性を尊重する慈悲の政治を実現しようとするものです。これこそ、人類が太古以来、求めて、なお解決でき得なかった課題である。したがって中道主義の実現は、もっとも古くして、しかも、もっとも新しい課題の解決といえよう。
 とくに現代においては、資本主義社会でも、社会主義社会でも“人間不在”ということが、大きい問題となっている。それは、資本主義社会においては、利潤の追求が第一義であって、そのため、弱肉強食となり、人間一人一人の幸福が犠牲にされることが珍しくない。
 一方、社会主義社会においても、画一的な経済体制、全体主義的な国家形態のもとに、個個の人間の自由が抑圧されており、これらの現状を憂えて“人間不在”といわれるようになったものである。
 もともと、人間のためにつくられた政治、経済等の機構、制度が、かえって人間性を抑圧し、犠牲にしている。この行き詰った現代を、いかに打開していくか。深く思索していくならば、どうしても人間生命を解明した仏法を根本としていかねばならないことは明白です。
 生命は色心不二であり、唯物(色)でもなければ、唯心(心)でもない。
 空仮中の三諦でいえば、唯心論の空諦も、唯物論の仮諦も、ともに部分観であり、空仮中の三諦円融のうえの中道こそ、もっとも正しい生命観なのです。これを確立し、生命の限りない尊厳を実現する道が、日蓮大聖人の三大秘法の仏法です。
 この仏法による人間革命、すなわち個人の確立を基盤として、さらに政治の面においても、人間性尊重の政治を行っていこうというのが、公明党の中道主義なのです。
 したがって、中道主義においては、人はたがいに尊敬しあい、信頼しあっていくことが基調となる。
 いま、世界の思想をみると、資本主義は資本家を擁護する思想であり、その矛盾を克服する理論として登場した共産主義は、労働階級を擁護し、労働者による独裁を唱える思想です。
 いずれも、その基盤は偏頗であり、しかも物事を対立的にとらえるから、不信と対立、相克を招くことは必然である。これでは、いつまでたっても平和はなく、解決もありません。中道主義こそ、高い次元からこれらのイデオロギーを指導し、社会不信と対立を克服する大哲学なのです。
 現実に公明党は、階級も、年齢も、地方差も越えて、幅広く大衆の支持を得ている国民政党であり、あらゆる人々の最大限の幸福を実現しようと努力している。
 このことは、中道主義が、もっとも本源的な人間性に立脚するがゆえに、初めて可能となったのであり、さらに、中道主義こそ、不信と対立に明け暮れてきた人類の暗黒の歴史に終止符を打つものであることの証明ともいえよう。

【指導集−質問に答えて− 池田大作著 昭和42年4月2日 発行】


 これは、昭和42年に発行されたものです。現在、資本主義社会の限界がみえてきています。ここで書かれている中道主義にこそ明るい未来の希望がもてるのではないでしょうか。
posted by 元 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 中道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

SGIオーストラリアで活動しております。
現地のSGI月刊誌の翻訳資料を探しておりましたら、こちらに辿り着きました。
お蔭様で必要な資料をみつけることができました。ありがとうございました。

素晴らしいブログに感銘を受けております。
これからもお体に気をつけて続けてください。
また来させて頂きたいと思っています。
Posted by Romi at 2009年06月01日 12:24
Romi さんはじめまして。
元といいます。
SGIオーストラリアですか。私は新婚旅行でフィジーに行ったことがありますが、素晴らしいところですね。
世界に同志がいるということが嬉しくおもいます。
是非よってください。
Posted by 元 at 2009年06月01日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120587164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。