2009年01月20日

御書こそ勝利の源泉 名誉会長のスピーチ

 御書を開けば、希望の光線を浴びる。御書を学べば、勇気が出る。智慧がわく。大聖人の大精神が、わが生命に脈打つからだ。そこにこそ「難を乗り越える信心」の炎が燃えあがる。
 勝利の源泉こそ、「唱題」であり、「御書」なのである。戸田先生は、御書研鑽の姿勢について「一行一行、拝しながら、『その通りだ。まったく、その通りだ』と深く拝読していくべきだ」と教えられた。御書の一節だけでもよい。日々、拝読しながら、実践していくことが大切だ。

2008-12-29 聖教新聞


 私もこの先生のスピーチの通り実践してまいります。
posted by 元 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 御書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「そうかねっと」というブログを宗教カテに登録しました。応援いただけると
ありがたいです。私も今日は教学について書いてます。
Posted by 一支国 at 2009年01月20日 20:45
了解しました^^
応援のポチしました。
Posted by 元 at 2009年01月21日 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112906617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。