2012年06月26日

消費税増税 年収500万円世帯で年12万円の負担増 家計圧迫




消費税増税 年収500万円世帯で年12万円の負担増 家計圧迫

産経新聞 6月26日(火)20時9分配信



 消費税率は平成26年4月に8%、27年10月に10%に引き上げられる見込みだ。実現すれば税率を3%から5%にした9年以来17年ぶりとなる。消費税は商品を購入したり、サービスの提供を受ける場合にかかり、増税が暮らしに与える影響は大きい。

 第一生命経済研究所の試算では、夫婦のどちらかが働く子ども2人の標準世帯で、年収が500万〜550万円だと、消費税率が8%になった段階で年7万2948円、10%だと11万9369円も現在より負担が増える。

 消費税を導入した平成元年を含め、過去の消費税増税では、同時に所得税の減税などを行い、「重税感の緩和につながった」(財務省)。ただ、今回はそうした減税を伴わない“純粋な増税”だ。政府は税率を10%にした場合の税収増を年13兆5千億円と見込むが、裏返せば、それだけの負担が国民にのしかかる。

 また、東日本大震災の復興財源を賄う増税も控える。所得税は来年1月から現在の納税額に2.1%分上乗せされる。社会保険料の上昇も家計を圧迫。高齢化を受け、サラリーマンらが払う厚生年金保険料は16年から29年まで毎年引き上げが続く。今年6月には、子育て世帯の負担軽減策だった住民税の年少扶養控除も廃止された。

 大和総研はこうした消費税増税以外の負担も含めた影響を試算。年収500万円の世帯(40歳以上夫婦のいずれかが働き、小学生の子2人)で、消費税増税後の28年は23年より32万8900円の負担増となる。

 厚生労働省の毎月勤労統計によると、現金給与総額(5人以上事業所の社員)はピークの9年に月42万2678円だったが、23年に40万3563円まで落ち込んだ。給料の上昇が期待できないなか、家計にとって負担だけが増えていく。

 消費税は低所得者ほど負担感が重い逆進性が問題だ。政府は税率8%の時点で、低所得者に現金を配る「簡素な給付措置」を行う方針だが、金額や対象は未定。その後の対策も所得に応じて減税などを行う「給付付き税額控除」か、生活必需品の税率を低くする「軽減税率」か、結論は出ていない。所得税や相続税の最高税率引き上げなど、格差是正のための措置も先送りされた。

 消費税増税だけが先行し、税制の抜本改革で所得の再分配を行うとした政府の理念は色あせた。(佐藤裕介)
posted by 元 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

仏とは戦い続ける人

御書とともに

【御文】
 夫れ浄土と云うも地獄と云うも外には候はず・ただ我等がむねの間にあり、これをさとるを仏といふ・これにまよふを凡夫と云う、これをさとるは法華経なり、もししからば法華経をたもちたてまつるものは地獄即寂光とさとり候ぞ (上野殿後家尼御返事 P1504)

【通解】
 さて、浄土といっても地獄といってもほかにあるのではない。ただ我らの胸中にあるのである。これを悟るのを仏といい、これに迷うのを凡夫という。これを悟ることができるのが法華経である。したがって、法華経を受持する者は地獄即寂光と悟ることができるのである。

同志への指針
 「仏」とは、自分を離れた特別な存在ではない。自他共の生命が尊極であることを信じて、この現実社会のなかで「戦い続ける人」のことである。
 「仏」と「凡夫」との違いは、自身の胸中に宇宙大の可能性があることを、確信できるかどうかである。その一点に目覚めれば、どんな厳しい環境でも屈しない。今いる場所を寂光土と輝かせていけるのだ。

 まずは、自分の仏性と可能性を信じれる自分になる。自分に頼る。

posted by 元 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 御書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

集合知

 学びは必ず行動を通じてもたらされる。だが、問題となるのは「行動」より「学び」のほうだ。現代の組織や社会はさまざまなことを行うが、往々にして学びが欠けている。
 学習能力の欠如ほど、明らかに集合知の不在を物語るものはないのではないか。その特徴は、頑迷で独断的であること。信頼感がなく、自らの力不足を突きつけてくる厄介な問題を話し合えないこと。自信やスキルの影に、不安と、失敗への恐れが隠されていることだ。
 逆に言えば、「知らない」ということが強みであり、表面的な答えを出す力よりも問う力のほうが大切であり、想像力とコミットメント、忍耐力、そして心を開き互いに信頼する力のほうが、長い目で見れば単なる「頭の良さ」に勝るのだ。そう信じることのなかに、集合知はみつかりやすい。

【集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何か】
posted by 元 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「社員をコスト扱いするな」岐阜に日本一幸せな会社

「社員をコスト扱いするな」岐阜に日本一幸せな会社

 相変わらず先行きが見えない日本経済。その中で極めてユニークなやり方で業績を上げている岐阜県の中堅企業がある。営業のノルマ、残業は一切禁止、定年は70歳、年間の休暇は有給休暇を除いても140日。しかも全員が正社員…。人呼んで、日本一「社員」が幸せな会社!(文・喜多由浩)

 −−メディアでも話題になった、社員旅行でクイズ50問に正解すると「半年間の有給休暇」というのには驚きました

 山田 ウチは毎年、全員参加の社員旅行をやっており5年に1度は海外へ行く。昨年はエジプトに行く予定で、旅行委員の社員が考えたのが「クイズで有給休暇」の企画だった。ウチはもともと有給休暇を使えば半年休めるから、正解すれば「丸々1年間休める」と話題になったわけだよ。結局、エジプトの政情不安で旅行自体が中止になったので、費用1億円は東日本大震災の被災地に寄付させてもらいました。

 −−65歳の平社員の平均年収が約700万円とか、育児休暇3年(何度でも)とか、気前がいいですね

 山田 社長の仕事というのはね、社員を幸せにして、「この会社のためにがんばろう」と思ってもらえるような『餅(インセンティブ)』を与えること。社員がヤル気を出して会社が儲(もう)かれば、分け前をまた『餅』にする。それだけだよ。バブル崩壊後、多くの会社が、正社員を派遣社員やアルバイトに切り替えてコストを下げようとしたでしょ。だけど、それで会社が儲かるようになったのか、って聞きたいですよ。人間(社員)を「コスト扱い」するな、ってね。

 −−ノルマや上司への「ホウレンソウ(報告、連絡、相談)」も禁止。支社や営業所も社員が勝手に作ったとか

 山田 現場のことは、現場の社員が一番よく知っているからね。支社や営業所も「必要だ」と思ったから作ったんでしょ。私は名刺を作る度に(裏に書かれた支社・営業所を見て)「また増えとるなぁ」と思うぐらい(笑い)。社長なんてバカだと自覚しなきゃいけないんだよ。陣頭指揮などもってのほか。どう『餅』を与えるか、っていう大きな「戦略」を考えるだけでいい。「戦術」は社員に任せるのがいいんです。

 −−社員に任せすぎて失敗したことは

 山田 「報告は禁止」だから知りませんねぇ(苦笑)。でもね、休日が多く、労働時間も短い、上司への報告も禁止…となると、人間はむしろ、いいかげんなことができない。その中で成果を上げようと必死で工夫してがんばるもんですよ。これは日本人だからできること。儒教精神が残っているし、農耕民族だからね。狩猟民族は獲物がなければヨソへ行くけど、農耕民族は苦しくても、土地にしがみついてがんばるしかない。『餅』を貰(もら)った以上、そこ(会社)で懸命に働こうと思うんだよ。

 −−儲けるにはヨソと違うことをやれ、差別化を図れ、とも

 山田 差別化を図るには、常に考える習慣をつけること。新製品や仕事の効率化について考え続けることが大事なんだ。そのためにウチには「改善提案制度」がある。これはどんな提案でも、封を切る前に中身を見ないで500円支給。いい提案なら最高3万円。これも『餅』になります。

 −−講演やセミナーに引っ張りだこだそうですね

 山田 ウチの会社の話をすると、たいていの経営者が「山田さんだからできるんです」とか、「怖くてできません」という。つまり、やりもしないで尻込みしているんだ。儲かっているならいいよ。でも日本の会社の97%が経常利益を4千万円も上げられない時代。“儲かってもいない会社”がヨソと同じことをしててどうするの?ということ。差別化すれば、中小企業だって大企業に勝てるんだよ。

 【プロフィル】山田昭男(やまだ・あきお) 昭和6年、中国・上海生まれ。80歳。旧制大垣中卒。演劇に熱中し、劇団「未来座」を主宰。40年、劇団仲間と建築電気業の「未来工業」(本社・岐阜県大垣市)を創設、社長に就任した(現在は取締役相談役)。同社は平成3年、名証2部上場。現在の社員約800人、売上高200億円超。創業以来、赤字なし。平成元年、黄綬褒章受章。新著に『日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”』(ぱる出版)。


posted by 元 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

高橋容疑者 事件は“教団の指示で

高橋容疑者 事件は“教団の指示で”

オウム真理教の一連の事件で特別手配されていた最後の1人、高橋克也容疑者(54)が東京・大田区の漫画喫茶で確保され、殺人などの疑いで逮捕されました。
事件について、高橋容疑者は、「教団の幹部の指示でやりました。目的については一部知らなかったこともありました」と供述しているということです。

逮捕されたのは、オウム真理教の信者だった高橋克也容疑者(54)です。
高橋容疑者は、平成7年3月に起きた地下鉄サリン事件でサリンを発生させた豊田亨死刑囚の逃走を支援したなどとして特別手配されていました。
警視庁によりますと、15日午前8時半ごろ、高橋容疑者に似ている男が東京・大田区西蒲田の漫画喫茶にいるという通報が警視庁にあり、駆けつけた捜査員が午前9時20分ごろ、高橋容疑者が会計を済ませて店を出たところ、身柄を確保したということです。
確保されたとき、高橋容疑者は自分は高橋克也だと認めたということで、警視庁は指紋などによって本人と確認し、午前11時すぎに高橋容疑者を殺人などの疑いで逮捕しました。
高橋容疑者は菊地直子容疑者が逮捕された翌日の今月4日、勤め先に近い信用金庫で238万円余りを引き出し、ショッピングセンターでキャリーバッグを購入したあと、逃走を続けていました。
警視庁によりますと、高橋容疑者は15日午前6時すぎに1人で漫画喫茶に入店し、薄い灰色の半袖シャツに青いズボンをはき、茶色のボストンバッグと黒のビジネスバッグを持っていました。
高橋克也容疑者は容疑事実を告げられると、微動だにせずに目を見開いたままうなずいたということです。
調べに対して高橋容疑者は、「現金は470万円くらい持っていて、今月4日にショッピングセンターで購入したキャリーバッグは横浜市鶴見区のJR鶴見駅のコインロッカーに入れている」と供述しているということです。
また、事件については、「教団の幹部の指示でやりました。目的については一部知らなかったこともありました」と供述しているということです。
高橋容疑者は、地下鉄サリン事件のほかに、いずれも平成7年に起きた、東京の公証役場事務長の監禁致死事件や、東京都庁で当時の青島知事宛の郵便物が爆発し職員が大けがをした事件などにも関わった疑いが持たれています。
高橋容疑者が逮捕されたことで、オウム真理教の一連の事件で特別手配されていた3人は手配から17年がたって全員が逮捕されました。
警視庁は17年間におよぶ逃亡生活の実態や高橋容疑者の関わりなどを調べることにしています。


組織の中にも高橋容疑者のように『アイヒマン』状態に陥ってる人は多いな。

● ミルグラム実験
posted by 元 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。