2010年10月02日

脈動

 師の意図に叛く考えはさらさらないものの、師の意図をただ教条的にしか理解しない。そこで厳しい現実に直面すると、周章狼狽して師の意図を生のまま機械的に同志に押し付けて事足れりとするか、あるいは師の意図が気になりつつも、直面した現実を特殊な場合として、浅薄な世間智をはたらかせて現実に適合しようと焦る。ここにいたって、師弟の脈動が断たれていることに気がつかない。まことに師の考えるところと、弟子が懸命に考えることとが冥合するとき、信仰の奔流は偉大なる脈動となって迸る。師の意図にただ追従することは、弟子にとってきわめて容易なことだ。師の意図からその根源にまで迫って、その同じ根源を師とともに分かち合う弟子の一念は、まことに稀だといわなければならない。しかし、この稀なる一念の獲得にこそ、微にして妙なる師弟不二の道の一切がかかっているのである。
−小説 人間革命 10巻 「脈動」−より



私たちの目標とは何であるか。師に応えようと目標を打ち出し達成しようと試みる。私たちは日々の戦いの渦中、数の目標で応えようとする。数という目標の中にあるはずの本質が歪められ本来素晴らしいはずのものが切羽詰まり、それを皆に強要してしまい価値を低下させていく。そうなってしまったときに目標がノルマ化する。その行為が意識の少ないメンバーに抑圧や葛藤を根付かせる。師に応えようと、師を利用する。自身の力の無さを顧みずに。保身や権力の魔性、利己的な思考が師弟をドグマ化する。誓願を打ち立てるのは自身である。同志だからといっても師弟観は個々の問題である。決めるのは各自である。数字を安易に下ろすのは愚劣極まりない。それは自身でやるべき数字だ。メンバーに戦わせようなんて考えるとしたら傲慢ではないのか。人をコントロールすることがどれだけ卑劣な行為かよくよく心したい。師に学ぶべきは心だと思う。その心から発した行為や言霊が人々の心を灯し志を一つにできるのではないか。そのなかで苦悩しもがき、他人の築いた道ではなく、自身で築き切り開いた新たな王道を創りゆくのが師弟の道であると確信する。
posted by 元 at 16:41| Comment(10) | TrackBack(1) | 師弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。