2010年05月20日

祈りについて



 最近唱題していて違和感を覚えた。 願望を祈ることへの罪悪感だった。 苦難や悩みから逃げたいし、さらには、仕事での成功など欲望に拍車がかかり更なる欲望と自己顕示欲へ助長させてしまっていた。 苦難や苦しみを乗り越えようとするのも願望だった。

四条金吾殿御返事

苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ、これあに自受法楽にあらずや、いよいよ強盛の信力をいたし給へ  
(御書 P1143)


 苦をば苦と悟りとは、逃げる事でもなければ乗り越えようとすることではなく、苦を感じて自身の心がどう反応するか、どうしてそう感じるのかと見ると原因が自分の中にみえてくる。 
 楽をば楽とひらきとは、苦と同じように自身の中に見出し、何故楽と感じるのか掘下げると感謝すべきことを知りうる。
 【自受法楽】とは「法楽は世間的な欲望充足の幸福である欲楽に対する語で、仏の悟りを享受する最高絶対の幸福をいう。」 であるなら、願望を含め欲望から発祥した祈りは相対的幸福しか得られず、絶対的幸福境涯を得るためにはそれから離れた祈りでなければ得る事はできないし、得ようとすれば、それもまた願望である。

 そう考えると祈りは「観心」なのか?

【観心】「己心を観ずること。心を対境としてそれを明らみにみていくこと。」

如来滅後五五百歳始観心本尊抄

観心とは我が己心を観じて十法界を見る是を観心と云うなり
(御書 P240)


 御本尊様は私たちの生命そのものを顕しているならばそれを明鏡として観ずることが祈りということになるのでしょうか。


 祈りと観心の関係をもっと勉強します。 教学は難しい・・・。
posted by 元 at 19:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へスカウター : 人間主義の旗を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。